歯科の歯石除去回数

歯科では歯石除去何回で終わる?

歯科での歯石除去回数は?

「歯科」は、虫歯や歯周病など、口腔内のトラブルを歯科医師は、診察し治療してくれる医療機関です。現在トラブルを抱えていない人でも、プラークという最近の温床が、歯の間や歯茎の隙間に固着し、歯石になります。定期的に歯石除去を行わないと、気づかない間に歯茎が腫れたり、下がってきたりする病気になってしまうのです。歯石除去のために通院しなければならない回数としては、2~3回程度が一般的なようです。歯茎の隙間の除去は、専門器具で行っても、出血が伴います。口腔内に負担を掛けないように上の歯、下の歯とパーツごとに行ってくれます。

歯石除去を伴う歯科検診の重要性

歯科では最低でも半年に1回の歯石除去を伴う検診を勧めています。これは歯周病菌は歯石から増殖しやすいため歯石のある部分から虫歯になりやすい傾向にあるからです。歯周病菌は多くの日本人が感染しているにも関わらず自覚症状がないため、気付いた時には歯肉炎を起こしたり歯がぐらぐらするすると言った症状を起こしている場合があります。歯周病は正しい歯磨きをすることで進行を防ぐことが出来るのですが、半年に1回歯科検診で歯磨きが不十分な部分はないか、プラークコントロールは出来ているかのチェックを行うことが大切になります。歯石除去をすることで歯周病菌の住処を無くし、歯磨きチェックをすることで進行を抑える検診は口腔内の環境を整えるために重要なことなのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で歯石を除去する際予約は? All rights reserved