歯科歯石除去器具とは

歯科の歯石を除去する時使う器具

歯科医院で歯石除去に使う器具

歯科医院で、歯石を取る治療を受けた人は多いでしょう。歯石除去に使われる器具は、超音波の振動を出す機械を使うタイプと、手で持つタイプの2種類に分けることができます。超音波の機械は、短時間で効率よく除去することができ、歯科医院にも用意されていることがほとんどです。また、手動のものは、超音波で取った後に残った歯石に使ったり、歯茎の中に入り込んでしまった歯石の除去に使われます。時間はかかりますが、その分きれいに取り除くことが出来るメリットがあります。歯石除去をすることで、歯茎の炎症を抑え、お口の健康を保てます。

歯石除去は歯科で行います。

歯石にも色々な種類があるのですが、一般的なものとしては歯垢に唾液中のカルシウムが付着して歯の付け根辺りに硬い石状のものが付着し生じるものです。歯石になるとなかなか自分では取れません。歯科に行くとまず歯肉と歯の間の溝の深さ、これを歯周ポケットというのですが、を測ります。これで治療後の状態と比較して回復度を見るわけです。炎症などをおこしているとこの溝が深くなってきます。歯石除去の方法としては専用機器を使用して超音波の振動で削る方法と、医師もしくは歯科衛生士がスケーラーという器具を使用してカリカリと削り取ります。目に見える箇所の歯石は比較的簡単にとれるのですが、見えないところは取りにくく、頑固な場合は局所麻酔を行い実施します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で歯石を除去する際予約は? All rights reserved